かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ハルフウェイ』
2009年 03月 11日 |
瑞々しい青春なんだけど、岩井プロデュース作としては、『虹の女神』ほどのものはなく。

北海道の高校三年生のヒロとシュウの物語。



トレンディドラマの名脚本家、北川悦吏子が映画を初監督。そして、岩井俊二&小林武史プロデュースとくりゃ劇場鑑賞しないわけにはいきませぬ。と、私の興味は主に製作者にあったのだけど、巷では岡田くん人気なのか、観客は若い女子がいっぱいでしたね。

北川さんといえば脚本の人のはずなのに、スクリーンに映し出された高校生たちが発する台詞は、じっくり書きこまれたシナリオをしっかりリハーサルした末に放出されたものという感じではなかった。どうやら、用意された台本の通りにはせず、多くはアドリブで進められたらしい。脚本の人であるがゆえに、逆に、台本に縛られないで、撮影現場で生まれるものを瑞々しいままに映し出してみたかったと思ったのかな。そんな試みはわかるし、岩井俊二製作なのだから、そういうテイストになっていることはある程度予想がついていたけど、思った以上に即興的な雰囲気が漂う映画でありました。

というのはどういうことかというと、リアルでナチュラルで瑞々しい空気が感じられるだけならいいのだけど、2人が語らうシークエンスがそれぞれに場当たり的な印象になってしまった。カメラが回っている間、とにかくその役になりきっていろいろ言葉を発してみようって頑張っている感じがあって、ナチュラルを目指すがゆえの不自然さを感じてしまったのだよね。これも等身大の高校生の一面なのだと思えないこともないんだけど、お芝居なのでこういう風にいってみました的な気負いも見えて、全面的にしっくりとはこなくって、ヒロちゃーん、そんなにいつも感情的にならないでくれよーってややウンザリしてしまったかも。

北川ドラマの中じゃ、感情的になって男に詰め寄る女の存在は当り前のものなのかもしれないけど、長い時間をかけて綴られる群像劇のTVドラマならそれもいいけど、こういうシンプルな設定の短い映画においては、最小限にしてほしかったなぁ。この北乃さんの声はとてもよく通るので女優向きのよい声だと思うのだけど、それゆえに感情的になるとその高音が私の耳には不快に響くので、心配な気持ちはわかるけど静かにしてくれよ(名前の通りにきいきい声)、それじゃ逆に男の子は引くでしょうって、辟易しちゃったのだよね。物語設定的には、充分にその切なさに共感できそうな感じだったのに、一場面毎には、そんなこと言っちゃうもんかねぇ?とやや首を傾げる台詞が多かったかな。同世代のコたちがリアルと思うなら、まぁ、いいのですが。

行かないでって思う気持ちはよーくわかるけど、実際に自分のために早稲田やめてって本人に言える図々しさはやっぱり理解できないし。シュウがヒロを好きで居続ける気持ちがこの場面展開の中ではわからなかったなぁ。シュウったら、カッコよくて、スポーツもできて、頭もよくて、それでそんなにものわかりがよく寛大だなんて。同い年の男の子なのにねぇ。モテモテの彼ですから、ヒロに嫌気がさしそうなものなのに。と、この主人公カップルに関しては疑問符も多かった。でもね、ヒロとお友達が語らう場面なんかはとてもよかったな。あの友達の女の子のしゃべりは好き。先生のアドバイスもちょいといい話だったし、会話映画としての見どころは大いにあったかな。

そして、私が一番グッときちゃったのは、彼女がおうちでお母さんに教えを受けながら、お弁当を作るシーンだったり。「どれくらい混ぜるの?」って娘に聞かれて、「適当」って答えるお母さん。恋愛に悩みつつも、それでも彼のために一生懸命お弁当を作る彼女とそれを見守る母の姿がなんだかよかったんだよね。ストーリーの主軸にある直接的な場面よりも、そういうシーンが充実していたらより私の感銘は大きくなったのかもしれない。とはいえ、とにかく、のどかな北海道の輝く季節の風景がそれはもう美しくて、瑞々しい青春の1ページをよりステキなものにしてくれていて、劇場で味わう意義のあるものでした。

北川ドラマといえば、わたし的には、「あすなろ白書」とロンバケかな。

即興的な演出のそのものは好きで、諏訪敦彦監督の『2/デュオ』や石川寛監督の『好きだ、』なんかは大好きなのです。

あと、岩井監督作品がそろそろ観たいでーす。長編フィクションをね。
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-03-11 12:15 | CINEMAレヴュー | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/9449133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2009-03-15 22:59
タイトル : ハルフウェイ
数多くのテレビドラマの脚本を手がけてきた北川悦吏子が、初監督を務めた 青春ラブストーリー。大学受験と卒業を目前に高校生カップルが互いの進路 と恋愛に揺れ動く様を描く。 主演は『幸福な食卓』の北乃きいと『天然コケッコー』の岡田将生、共演に 仲里依紗、白石美帆..... more
<< 『オーストラリア』 PageTop 『いのちの戦場 - アルジェリ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon