かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
4月24、25、29日の公開映画ちぇーっくなど
2009年 04月 25日 |
がんばれ、クサナギくん。



追記なんですが、
ワイズポリシーが倒産したそうで、かなりショック!!
『ラスト、コーション』みたいな話題作も配給していた会社なのに・・・
私の愛しの映画たちを日本に届けてくれてありがとう。
フランス映画配給事情、今後ますますピーンチ・・・


さて、第62回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門の出品作が発表されましたー。
シネマトゥデイ VARIETY JAPAN 海から始まる! ?
私の好きなお馴染みの監督たちの名前にワクワク。
いつもにましてそうそうたる顔ぶれという感じで嬉しくなっちゃいます。
巨匠ぢゃなくて、鬼才度が高いような気が。
ギャスパー・ノエにトリアーにハネケにアルモドバルにツァイ・ミンリャンですよー。
アジアの監督は史上最多の6人が選出されたそうですけど、ほとんどみな欧米で撮影しているんですよね。
でも、代わりに?きくりん出演のイザベル・コイシェ作品とノエ作品は東京で撮影されているそうで。
そういう試みも面白いかも。
そんな映画たち会える日が楽しみー。

で、
トーゼンミルミルー

ウェディング・ベルを鳴らせ! /シネマライズ

一昨年のカンヌコンペ出品作がようやくようやく日本公開!
我らがエミール・クストリッツァの新作ですよー!
心浮き立つ新緑の季節、GWシーズンにふさわしい楽しい映画でしょう!
去年の来日LIVEに来てくれなかった息子ストリボルも出てます。
ミキ・マノイロヴィッチ出演も嬉しいー。
シネマライズで上映された映画のパンフレットを窓口に持参すれば割引になって1000円で鑑賞できるんだよー。
パンフをめったに買わない私も『アメリ』なんかはありましたし。

バーン・アフター・リーディング

コーエン・ブラザーズ!

グラン・トリノ

俳優イ-ストウッドの最後の作品?

--ミルカモ

レイン・フォール 雨の牙

ゲイリー・オールドマンが出ているけれど・・・

サスペリア・テルザ 最後の魔女 /シアターN渋谷

アーシアちゃんが父のディレクションでどんなことやっちゃうのかが気になるのだもの。

---キニナルモノ

キング・コーン /シアター・イメージフォーラム

ホカ
----
◆FootworKINGZ
◆トーマスをすくえ!!ミステリーマウンテン
◆カンフーシェフ
◆食客
◆花のあすか組 NEO!
◆島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん
◆虹色の硝子
◆アニと僕の夫婦喧嘩
◆劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇
◆交響詩篇 エウレカセブン
◆Blood ブラッド
----

で、で、「イタリア映画祭2009」開幕!
4月30日(木)~ 5月5日(火祝) 有楽町朝日ホール

イメージフォーラム・フェスティバル2009
4月28日(火)~5月 6日(水)

「ウクライナ映画祭2009」
4月25日(土)、26日(日) 渋谷アップリンクファクトリー

「ブルガリア映画特集」
4月29日(水)~5月8日(金) フィルムセンター

茂木綾子&ヴェルナー・ペンツェル特集
4月18日(土)~5月1日(金) シネマ・アンジェリカ

「イー・トンシン監督映画祭」
4月18日(土)~5月8日(金) シネマート六本木 

「完全学級崩壊!我が青春のトンデモ学園生活!」
 ~5月2日 銀座シネパトス

小学館文庫「シネマ大吟醸 魅惑のニッポン古典映画たち」より 昭和の原風景
4月11日(土)~5月8日(金)  神保町シアター

「優れたドキュメンタリー映画を観る会vol.23」
下高井戸シネマ

「いまに生きる今村昌平」
4月25日(土)~5月3日アルテリオ・シネマ

4/27(月)~29(水) ランドマークホール
「赤い鯨と白い蛇」、「彼女を見ればわかること」、「めぐりあう時間たち」、「靴に恋して」

---
にしても、深夜の公園で全裸になったら、現行犯逮捕で家宅捜索って、あんまりっすよね・・・。
メタボおやじが全裸になってたら、すぐさましょっぴいてほしい気がするけど、クサナギくんなら大丈夫だよねーー
って、そーゆーことじゃないか・・。
犯罪は犯罪で逮捕は逮捕なのかもしれないので、反省はしてほしいと思うけど、なんでもかんでも放映打ち切りとか降板とかにしなくてもいいのにねぇ。
お酒のCMなんかだったら、ふさわしくないというのはわかるけど。
ワイセツでタイホされたKがCMしているうちは「昆布ぽん酢」買うのひかえようっていう日本人が多いってことなん?
とにかく企業団体としてはワイセツでタイホなものとの関わりをもつことが問題と判断されるってことかな?
逆にそんなんで、起用したタレントをすぐ切る企業の方がイメージ悪いけどなぁ。
よくわからなーい。
大臣が「最低だ」とか豪語しちゃうのもホントにわからん。
暴力行為とか横領とか収賄とか振り込め詐欺とかの方が低かと思う。
ワイセツなんていうからてっきり淫行でもしたのか思ったよ。
誰かを傷つけたわけじゃなく、自分が脱いだんなら、ぜーぜん。
今度は、映画の撮影で全裸になるとよかです。
ロマン・デュリスみたいにしょっちゅうスッポンポンになるといいさ♪
飲み過ぎ注意ですね。

ハダカデタイホなニポンのコセコセのとま逆にあるクストリッツァ映画の大らかでエネルギッシュな突き抜け感を味わうべしー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-04-25 01:15 | 映画週チェック | Comments(6)
Commented by kusukusu at 2009-04-25 07:35 x
>深夜の公園で全裸になったら、現行犯逮捕で家宅捜索って、あんまりっすよね・・・。

逮捕、家宅捜索をしたのは、もしかしたらクスリをやっているのでは?と警察が疑ったからでしょう。場所が場所ですから。先日の大物男優の息子の件もありますが、麻布とか六本木と言えばクスリの売人がタレント相手に商売してても全然、おかしくないところですからね。もちろん、別件捜査ということになるのでこういう捜査のやり方は問題かとは思うけれども。でも、家宅捜索してもクスリが出てこなかったわけで、そういう疑いははっきり晴れたわけで、そういう意味では良かったという見方もできるかも。警察が家宅捜索までしていなかったら、あれは実はクスリをやっていたのでは?という噂が出て来て、週刊誌とかがネタにしてたかもしれないですか
ら。家宅捜索までしてはっきりしたことで、そういうネタを週刊誌が書けなくなりましたから。
Commented by CaeRu_noix at 2009-04-25 22:15
kusukusu さん♪
うーん。私はですね、それってあんまりじゃね?ってことを言いたかったんです。
家宅捜索の理由目的その1がそういうものであろうことはわかっています。警察側の論理でいえば、その疑いを抱くことは当然といえば当然でしょうね。わからなくはないけど、やはり理不尽ですよ。
裸が罪で現行犯逮捕されたら見たままのそれが全てじゃないのかと。例えば、警察署で調べたら容疑者に薬物反応があり、物的証拠を求めて家宅捜索した、なら納得できますが。単にハダカの罪に自宅は関係ないじゃん。
芸能人だから薬物に手を出していることを疑うって言うのもね・・。一般人よりは疑わしいと感じるのはわかるけど、一括りにするのは横暴ですよ。
『それでもボクはやっていない』のことを思い出しつつ、部屋にあるDVDや雑誌等あらゆるものが犯罪に関連づけられるのかもとゾッとしたり。
週刊誌などは、アイドルがヨッパラってハダカでタイホっていうネタで、いろんな方向からいくらでも騒ぐと思いますー。
私としてはとにかく、家捜に正当性は感じないのですが、まぁ、世の人々の教訓になったことは結果的にはよかったかもしれませんね。
Commented by kusukusu at 2009-04-26 00:07 x
なるほど。それはそうですね。たしかに家宅捜索は行き過ぎですし、こういう捜査のやり方は問題ありますね。僕の言い方がまずくて、何か、警察を擁護しているように聞こえたなら、すみませんでした。

でも、今回の件はネットの反応を見ると冷静で、見た範囲でですが、草なぎ君に同情している意見が多いような印象がします。今回に関してはマスコミや警察や政治家発言のほうが暴走してて、ネットの反応はそれをいさめているという感じなので、これも草なぎ君の人徳なのかもしれないけど、ネットも悪くないなあなんて思いました。
Commented by mayumi-68 at 2009-04-26 12:55
ええええ。ワイズポリシー、潰れちゃったんですかっ!
すごくショック!最初の作品は「ドライ・クリーニング」かあ・・・。
ホント、フランス映画の配給の行く末が心配・・・(涙)。

ちなみに、私は裸で逮捕された芸能人・・・というと、マシュー・マコノヒーを思い出します!裸でボンゴ叩いてたってやつです。でも彼の方が悲惨かも。だって、ボンゴ叩いてたのは自宅の庭ですからね(騒音だったのかしら)。
その後、マシュー・マコノヒーを観るたびに「裸でボンゴ」というイメージがつきまとって・・・いや、彼のことは好きなんですけどね(笑)。
Commented by CaeRu_noix at 2009-04-27 01:04
kusukusu さん♪
どちらを擁護しても、同情するのも、それは人それぞれでいいと思うのですが、このことは、公開映画チェック記事の中の私のつぶやきに過ぎないので、そういう食いつき方をされるのはちょっと困るというか。せっかくなので思うところを説明させていただきました。ご理解いただきありがとうございまーす。

サンスポが実施した緊急アンケートでは、草なぎくんに同情的な回答が全体の92%を占めたそうです。そりゃーそうですよねぇ。飲んだくれで全裸になったことのある人は92%はいないにしても、そんな脱ぎグセのある友達の友達がいる人だとか、飲んで記憶を失った経験のある人とか、普通に大勢いると思いますもん。裸で逮捕なんて酷い!って思う方が普通のような気がするけどなぁ。だから、ハト氏の第一声の「最低の人間だ」とか言っちゃう感覚はまったくもっておかしいと思えるんですけどね。本人はその発言にクレームがつかなかったら、言いすぎだとは思わなかったような感じで。
で、ネットの存在のおかげで一般人の率直な声が聞けるのはとてもいいことですよね。一方的なメディア情報しかない時代にはフィルターを通してでしか世論が見えなかったですもんね。
Commented by CaeRu_noix at 2009-04-27 01:06
mayumi さん♪
ショックですよね!!
4月22日破産手続開始決定を受けたそうです。
年商以上の負債額になっていたとは・・・。
ワイズポリシーのラインナップって、素晴らしいものが多かったので痛手ですよ。
パトリス・ルコント作品といえばここだし、『ディナーラッシュ』もワイズだったんだ。
ますますフランス映画が配給されなくなりそうで哀しいったら・・・

マコノヒーもそういえば、そんなんで逮捕されてましたっけね。
裸でボンゴってファンキーでいいじゃないですかね。
暴行とかより、裸でボンゴは断然いいと思いますー。
そう、マコノヒーはカッコいいし、きっと裸体にも自信ありなんでしょう。
逮捕されない程度にじゃんじゃん裸になっていただいてOK!
<< 『失われた肌』 El Pasado PageTop 『ミルク』 MILK >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon