かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
-2009年4月のしねまとめ-
2009年 04月 30日 |
春。



4月は、「カンヌ映画祭『監督週間』の40年をふりかえって」 に通いました。
お濠の桜を眺めながらー。

「第9回ラピュタアニメーションフェスティバル」エストニアのアニメーション特集では、プリート・パルン作品集B<『1895』(95)、『ナイト・オブ・ザ・キャロット』(98)、『カール・アンド・マリリン』(03)>を鑑賞。
もっといろいろ観たかったな。フリート・バルンは気に入りましたー。
 ・こんなのも



茂木綾子&ヴェルナー・ペンツェル特集で、『ステップ・アクロス・ザ・ボーダー』(ギタリスト、即興音楽家であるフレッド・フリスを追ったドキュメンタリー・フィルム)、『ミドル・オブ・ザ・モーメント』(サハラ砂漠のトゥアレグ族、フランスの伝説的なサーカス団「シルク・オー」、詩人ロバート・ラックスを追う)を鑑賞。

渋谷アップリンク「ウクライナ映画祭2009」では、チェルノブイリ原発事故が引き合わせた孤児院の少女とバレエダンサーとのヒューマンドラマ『アヴローラ』(監督:オクサナ・バイラック)を。

で、
2009年4月に
鑑賞した一般公開新作の星取りー。(お気に入り度、満喫度)

★★★★★~★★★★☆ (星4つ半以上)

スラムドッグ$ミリオネア
ミルク
ウェディング・ベルを鳴らせ!
失われた肌

★★★★       (星4つ前後) 

ダイアナの選択
ある公爵夫人の生涯
フロスト×ニクソン
レイチェルの結婚
チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室

★★★☆     (星3つ半前後)

ザ・バンク-堕ちた巨像-
リリィ、はちみつ色の秘密
フィッシュストーリー
ウォッチメン
SRサイタマノラッパー

★★★      (星3つ)

四川のうた
トワイライト-初恋-


--
『フィッシュストーリー』 は面白かったです。伊坂ものはよいですね。
ファンタジー度が高い分、気楽に見ちゃった感じがあるものの(悪を倒すためなら殺人も当り前にOKなアクション映画と一味違う)理想的な"正義"の体現の仕方には感動しちゃったり。
ゴレンジャーだよね、やっぱり。

『ウォッチメン』も面白かったんだけど、長かったかな。
普通のドラマなら群像劇好きな私なんだけど、アメコミヒーローものは主人公1人の方がいいのかも。
テーマ的にはダークナイトなんかの方がおもしろいと思ったかな。
恋愛パートが気持ち悪かったし、哀愁のドクター・マンハッタンの活動する姿の映像もちょっとね・・・。

『SRサイタマノラッパー』 も物語的には面白かった。
撮影の仕方なんかは低予算だから、仕方ないのか・・・。
でも、てっきり明るく楽しいノリノリ音楽ものだと思っていたら、現代の若者の抱える問題を描く社会派風味だったりもして、思いのほか心沈んでしまうタイプだったり・・・。
悲哀に満ちた場違いなラップ対決は見ごたえありー。

『四川のうた』はちょっと眠くなり・・・・。
ジャ・ジャンクーの映画は眠くても、その世界観、雰囲気に惹かれずにはいられないんだけど、今作はそういう感じでもなかったかな。
ドキュメンタリーとフィクションを融合すること自体はいいんと思うのだけど、うそっこ語りのシーンには魅力を感じない。
その歴史、音楽や詩の挿入は興味深かった。

『レッドクリフ PartII』 は観ないことにした。

-2009年3月のしねまとめ-   /  -2009年5月のしねまとめ-

「時のかさなり」(ナンシー ヒューストン)
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-04-30 23:59 | 映画月まとめ | Comments(2)
Commented by こべに at 2009-05-04 23:14 x
こんばんは!かえるさん☆

遅ればせながら(あせ)4周年おめでとうございます!
かえるさんの記事はブログを始めたころから
ずーっと読ませていただいてる大好きなブログで
そっか、そっか、そうだったかー!と気付かせていただいたり
知らないこともいっぱいなのでお勉強させていただいてマス。
これからも末永ーくよろしくお願い致しますです☆

失われた肌は、ヤな気分にもなるんだけど
とーってもスキでしたっ。
感想書いたらまた読みにきまーす☆
Commented by CaeRu_noix at 2009-05-05 11:30
こべに さん♪
きゃあ、ありがとうございますー。
いやいやいや、長らくご愛顧いただいて光栄ですー。
時の流れとともに、定期的に訪問するブログやコミュニケーションをとるブロガー仲間の顔ぶれが移り変わったりする中で、それはとても嬉しきこと。
しばし交信が途絶えても、ブログがそこにある限り繋がりを復活できるんですよね。
いとしこいしー。
最初の頃は、みなさんの個性を把握しないままに、同じような調子でコメントしたりしてたけど、今はこべにさんのチャームポイントも、いろんなブロガー友の得意分野や持ち味を自分なりに掴んで交流をしていると思っているので、数は減っても味わいがありますのです。
こちらこそ、末永くよろしくお願いしまーす。

失われた肌!よかったですよねー。
感想お待ちしてまーす。
<< 5月1、2日の公開映画ちぇーっくなど PageTop 「カンヌ映画祭『監督週間』の4... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon