かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
-2009年5月のしねまとめ-
2009年 05月 31日 |
五月のミルー



今月は、「イタリア映画祭」なGWに始まりー。印象深かったのは、『プッチーニと娘』、『Il divo』、『ゴモラ』1などかな。 
イタリアーンな映画で幕開けつつ、今月はフランス映画も充実していた感じで、文芸坐ではエリック・ロメールの『春のソナタ』&『夏物語』を劇場体験。
そして、東京日仏学院の「オリヴィエ・アサイヤス特集」がまた有意義なものでありまして、『8月の終わり、9月の初め』(98) と 『感傷的な運命』(00) が素晴らしくよかったなー。『NOISE』も観たかった。
そして、EU~。

で、
2009年5月に
鑑賞した一般公開新作の星取りー。(お気に入り度、満喫度)

★★★★★~★★★★☆ (星4つ半以上)

夏時間の庭
ベルサイユの子
グラン・トリノ

★★★★       (星4つ前後) 

GOEMON
バビロンA.D.
チェイサー
ビバリーヒルズ・チワワ
重力ピエロ
インスタント沼

★★★☆     (星3つ半前後)

チョコレート・ファイター
ブッシュ
バーン・アフター・リーディング 
新宿インシデント
セブンティーン・アゲイン
エンプレス -運命の戦い-

★★★      (星3つ)

ミーシャ /ホロコーストと白い狼
天使と悪魔
ウォーロード/男たちの誓い

--

『ブッシュ』 は面白かったです。
この人って、こういう人なのねぇってお気楽に笑えました。
「悪の枢軸」って名称はそんなふうに決まったのねぇ等アレコレ興味深く。
でも、今更そんなことを面白がってしまうことに複雑な気持にもなり・・・。

『バーン・アフター・リーディング』も楽しかったです。
コーエン兄弟作品は本当はキャストがメジャー過ぎないものの方が好きな気もするのですが、ブラピにこんなアホ役を板に付かせられるそのセンスに感心ー。
ゆるく笑えるばかりでなく、主軸サスペンスの展開も面白かった。

『新宿インシデント』 はなかなか見ごたえのあるアクションもので、イー・トンシンの手腕を再認識。
これ、歌舞伎町の映画館で観たので、気分的にも盛り上がりー。
舞台が日本ということで、ヤクザの描写の仕方やら、ヒロインのキャラなどにこそばゆい部分もあったのですが、場面場面の見せ方はお見事。
ジャッキー・チェン映画を劇場鑑賞するのって初かも。ダニエル・ウーがよかったな。

『セブンティーン・アゲイン』 はまぁまぁ楽しめました。
一番お気に入りは、リアル高校生のザック・エフロンくんやチアリーダーによるダンス・パフォーマンスなシーンだったりしたのだけど。
彼は歳をとってもあんな風貌にはならないと思うんだけどなぁー。
エルフ語な会話なども面白かった。

『エンプレス -運命の戦い-』 は全体的にはビミョウでしたが、甲冑な衣装が素晴らしかったり、山奥で隠遁生活するレオン・ライの生き様が興味深かったりと部分的にツボにハマったので楽しめました。
ミツバチに気球ときた日には。レオン・ライの穏やかな笑顔が結構好き。
しかーし、ケリー・チャンの演技が観るに堪えないものだったり・・・。

『天使と悪魔』 はユアンやステランがいい感じでしたが、物語的には何を楽しめばいいのかよくわからないまま、せわしなく場面展開していくのにたじろぐばかりでした。
そもそもこの事件に興味がもてなかったのだもん。
というか、謎解きはもともと興味がなくて、バチカンの映像を堪能しようと思っていたのだけど、こんなふうにチャカチャカ撮っちゃったら、建築美術の崇高さが台無しじゃないかと、腹立たしさすら覚えました・・・。
科学対宗教についてはおまかせしますが、エンタメのために芸術が蔑ろにされることにため息。
ミケランジェロが泣いているよー。

『ウォーロード/男たちの誓い』 は豪華主演陣の割にはあまり見ごたえを感じず。
闘いが主目的の物語にはどうもハマれないことが多いのだけど、このキャストに魅力を感じなかったのはもったいないなぁって。
後半は京劇のシーンなどがあって、ちょっと興味をもてる部分もあったのだけど。
本編にほとんどハマれなかったので、アルフィーの歌に文句を言いたくもならずー。
レッド・クリフがダメな私はこれに期待をかけたのだけど・・・。

-2009年4月のしねまとめ-   / -2009年6月のしねまとめ-


映画以外といたしましては、

タンゴ・ミュージカル 「Tanguera タンゲーラ」 のステージを観ましたー。

そのついでという感じで、「国立トレチャコフ美術館展 忘れえぬロシア」 にも行きました。
金券ショップでチケットが350円だったから行ったわけなんだけど、内容的にはかなり好みで大いによかったです。

読んだ本
「動的平衡-生命はなぜそこに宿るのか」(福岡伸一)
「ポトスライムの舟」(津村 記久子)
とか。

 *検索ワードで多かったの

1 "12人の怒れる男  批判"
2 "闇の子供たち"
3 "東南角部屋二階の女"

ブログペット始めたので、下位の検索ワードも拾えるようになって楽しみの増えた暗い私ー。
時間がある時には、面白検索ワードのピックアップなどもしたくー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-05-31 23:58 | 映画月まとめ | Comments(0)
<< 『インスタント沼』 PageTop 「Tanguera タンゲーラ」 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon