かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
6月13日の公開映画ちぇーっくなど
2009年 06月 13日 |
湿ー



第63回トニー賞の受賞結果

▼ミュージカル作品賞 
「リトル・ダンサー/ザ・ミュージカル」
▼演劇作品賞 
「God of Carnage」
▼ミュージカル脚本賞 
「リトル・ダンサー/ザ・ミュージカル」、リー・ホール
▼オリジナル楽曲賞 
「Next to Normal」、作曲トム・キット、作詞ブライアン・ヨーキー
▼ミュージカル・リバイバル作品賞
「ヘアー」
▼演劇・リバイバル作品賞 
「The Norman Conquests」
▼ミュージカル主演男優賞 
デビッド・アルバレス、トレント・コワリク、キリル・クリッシュ、「リトル・ダンサー/ザ・ミュージカル」
▼ミュージカル主演女優賞 
アリス・リプリー、 「Next to Normal」
▼演劇主演男優賞 
ジェフリー・ラッシュ、「Exit the King」
▼演劇主演女優賞
マーシャ・ゲイ・ハーデン、「God of Carnage」
▼ミュージカル助演男優賞
グレゴリー・ジュバラ、「リトル・ダンサー/ザ・ミュージカル」
▼ミュージカル助演女優賞
カレン・オリーボ、「ウエストサイド物語」
▼演劇助演男優賞
ロジャー・ロビンソン、「Joe Turner's Come and Gone」
▼演劇助演女優賞
アンジェラ・ランズベリー、「Blithe Spirit」
▼ミュージカル演出賞
スティーブン・ダルドリー、「リトル・ダンサー/ザ・ミュージカル」
▼振付賞
「リトル・ダンサー/ザ・ミュージカル」、ピーター・ダーリング

舞台版リトル・ダンサーも観てみたーい。
この舞台演出も出がけているスティーブン・ダルドリー監督の新作映画は来週ー。


さて、
トーゼンミルミルー

レスラー

ダーレン・アロノフスキー監督作が話題作。

マン・オン・ワイヤー /テアトル タイムズスクエア

ニューヨークのワールド・トレード・センター(WTC)のツインタワー間を命綱なしで綱渡りした、フランス出身の大道芸人フィリップ・プティ。

-ミルカナ

ターミネーター4

--ミルカモ

The Harimaya Bridge はりまや橋/新宿バルト9

---キニナルモノ

ラッシュライフ /新宿バルト9

◆精神 /シアター・イメージフォーラム

◆幼獣マメシバ /シアターTSUTAYA

◆斜陽 /渋谷シアターTSUTAYA、K's cinema

---ホカ
◆モーニング・ライト
◆真夏のオリオン

◆嗚呼 満蒙開拓団
◆希望ヶ丘夫婦戦争
◆宮本武蔵―双剣に馳せる夢―
◆ゆずり葉
---

ルシネマでは、「サガン」公開記念特別上映!
6/13(土)~26(金) ジーン・セバーグ主演「悲しみよ こんにちは」
11:00/13:50/16:30/19:30

「EUフィルムデーズ2009」
5月29日(金)~6月20日(土) フィルムセンター
13(土)「ウィニング チケット -遥かなるブダペスト-」「はじめに目ありき」「ティラミス」
 14(日)「ファイター」「コロッサル・ユース」
 16(火)「カマロン」「ハンドルネームはベンX」
 17(水)「氷の仮面舞踏会」「ジョジーの修理工場」
 18(木)「バック・ドア」「神さまの小さなお庭で」
 19(金)「バトル・オブ・リガ」「ラプソディ・イン・ホワイト」
 20(土)「世にも憂鬱なハムレットたち」「クリスマス・オラトリオ」

「ロシア革命アニメーション 1924-1979/ロシア・アヴァンギャルドからプロパガンダへ」
6月6日(土)~7月24日(金) UPLINK X

白夜映画祭
6月8日(月)~8月7日(金) 下高井戸シネマ
~13(土)
「帽子箱を持った少女」 ボリス・バルネット
 15(月)~17(水)
「騎手物語」 ボリス・バルネット
 18(木)~20(土)
「青い青い海」 ボリス・バルネット

「フランス・シネマ partII ~Encore~」
6/14(日)~16(火) ランドマークホール
 「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」、「ぼくの大切なともだち」
 「譜めくりの女」、「輝ける女たち」

観溜めしなくちゃ・・
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-06-13 07:32 | 映画週チェック | Comments(4)
Commented by きおっきー at 2009-06-15 14:38 x
「レスラー」見ました~。ミッキー・ローク、昔どんなんだったかよく知らないんですが、まさに「役に生きてる」って感じでした。監督が彼の起用にこだわったそうですね。ニコラス・ケイジだったら全然違うモノになってたんだろうなぁ。

音楽がまたよかったのです。ブルース・スプリングティーン。

かえるさんのレビューを楽しみにしていまーす。

で、T4が「ミルカナ」なんですか? 「ミルカモ」よりランク上ですよね? 意外な気がするわぁ。
Commented by CaeRu_noix at 2009-06-15 21:52
きおっきー さん♪
コメントありがとうございます。
私もれすらー、近いうちに行く予定ー
最近、プロレスラーの方が試合中に倒れて、亡くなったというニュースを見て、命がけで闘う男たちのことを考えてみたり・・・。
ミッキー・ロークは、私も活躍当時はほとんど認識してなかったですー。
後で振り返ってみると、アレにもコレにも出ていたんだなーって気づき。
『ドミノ』や『シン・シティ』ではすごくよかったです。
レスラーにミッキー・ローク・キャスティングはさすがですよねー
ブルース・スプリングティーンの歌声もすごくハマりそうー。
素材的には好みじゃないながら、金獅子賞作品ゆえに楽しみでっす♪

む・・・。T4が「ミルカナ」なのは、どう意外なのか、実はハッキリとわからない私・・・。
映画ファンなら、いの一番に楽しみにする映画でしょう!っていう意味でしょか?
それとも、"かえるさんがGOEMONを観るのは意外"と言われたのと同じで、ハリウッド大作と相性のよくない私が鑑賞することが意外?
うーん、どちららかといえば前者か・・
もちろん観ますよ、T4は!
あまり楽しみにはしてないけど、楽しめるといいなぁって。

ポムネンカならトーゼンミルミルー
Commented by きおっきー at 2009-06-16 10:17 x
あ、「ミルカナ」が意外なのは、後者の意味でした。かえるさんはスルーするかと思ってた!でも「スタートレック」も実は(“実は”ってことはないんでしょうが)ごらんになってたと思えば、「T4」もリストに入るわけですね。

「スタートレック」、かえるさんはタイプじゃないかもなあとは思いました。ははは。何を面白がればいいのか、、、何でしょう? エンタメ作品として理屈抜きに楽しかったんですが、やっぱり体質? 

しいて理屈をこねるなら、人間とバルカンのハーフであるスポックの苦悩(キスを受けるシーンが、すごく印象的でした)、時空を超えて宇宙船が戻ってきてしまったがためにpathが変わるalternative futureの絡み方、、、とか? 

なんだかんだ言って私は、バルカンがどういう人種で、だからスポックはああでこうで、という説明を夫から受けていたので、その辺も少し違うのかもしれませんね。(違うページの話をこっちに書いちゃってゴメンナサイ)
Commented by CaeRu_noix at 2009-06-16 23:41
きおっきー さん♪
回答ありがとうございますー。
なんだそっちの方でしたかー。
「T4」は確かにビミョウなジャンルなんだけど、映画好きとしては観とくべし?なラインかなと。
私はとにかく基本的には映像に見ごたえがあるものなら劇場鑑賞したいと思うんですよ。
なので、アメコミヒーローものなんかも大体観てますよー。
『スタートレック』も結局、そういう部分に期待が大きかったのですが、宇宙空間の撮り方が好みじゃなかったのでした。
宇宙ばかりは今も昔もとことん神秘的なものなので、その壮大さを感じさせてくれるような映像がいいです。巷でイマイチ不評だった『サイシャイン2057』は好きでした。

TVシリーズを観たこともない私としては、主人公たちの物語に興味がもてなかったんですよね・・。スポックの少年時代には興味がもてたのに、すぐに終わっちゃったし・・
全体的にはTVのダイジェスト版みたいな印象でした。
でも、そう、私は、パイク役のブルース・グリーンウッドがとても好きらしく、彼が登場する場面は退屈しなかったですー
そんな感じで、メジャーエンタメはどうも体質的にアレです。天使と悪魔もダメだったし。
消されたヘッドラインは面白かったですがー。
<< 『ウルトラミラクルラブストーリー』 PageTop 『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon