かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
|
2006年 03月 30日 |
鬼才トリアーの冷笑世界を堪能。
豊饒の地マンダレイに実る味わい深い皮肉たち。

1933年春。グレースと父親とギャングたちは、アメリカ南部アラバマ州のマンダレイという農園へ辿り着く。そこでは70年以上前に廃止されたはずの奴隷制度が依然存続していたのである。
『ドッグウィル』に続く、アメリカ三部作の第2弾。

More
[PR]
2006年 03月 29日 |
スリルとサスペンスに引き込まれつつ、
テーマ性に富んだ味わい深いドラマを満喫。

アメリカ中西部インディアナ州の小さな町に家族4人で暮すトム・ストールの営むダイナーにある日タチの悪い客が現れて・・・。

More
[PR]
2006年 03月 27日 |
しめっぽくないのがいい。すがすがしい感動。
不屈のユーモアにスポ根プラス信仰、愛、希望の力あり。

1953年、カナダのハミルトン。カトリックの私立校に通う14歳の問題児のラルフは、病気で昏睡状態に陥ってしまった母のために奇蹟を起こそうとボストンマラソン参加を決意する。

More
[PR]
2006年 03月 26日 |
気づきと感銘をもたらす興味深さがあった。

聴覚障害を持ちながも、パーカッションの演奏者として成功を収めたグラミー賞受賞アーティスト、エヴリン・グレニーを主人公としたドキュメンタリー

More
[PR]
2006年 03月 24日 |
惚れ惚れする映画だ。カッコよさにシビれた。
お前ら、つべこべ言うなって、感じ。
ハードボイルド・カウボーイの男っぷりにため息。
男は黙ってサッポロビール的。
これが国境だ。これが人間だ。
ボーダーなんてものは取っ払っちまえ。

More
[PR]
2006年 03月 22日 |
瑞々しい独特のトーンが好み。
等身大の2人のキャラクターと会話に共感。

17歳高校生のユウとヨースケ。17年後に再会した34歳のユウとヨースケ。

More
[PR]
2006年 03月 21日 |
カウボーイの苦悩?
妻が彼らのキスシーンを目撃した場面で場内に笑いが起きるのにはビックリ。

More
[PR]
2006年 03月 20日 |
GW恒例、今年6回目を迎えるイタリア映画祭

期間: 5月2日(火)~5月7日(日)
会場: 有楽町朝日ホール

More
[PR]
2006年 03月 19日 |
最終日です。午後から2本。
金曜日には閑散としていたお台場もさすがに日曜の昼は大にぎわい。
やっぱりここはレジャースポットなのですね。

『they came back(仮題)』 →『奇跡の朝』
大勢の死者が蘇ってしまうというシリアスなタッチの物語。
個人レベルだけでなく、社会の問題として取り上げられるというのがおもしろい。アイディアはなかなかで興味深いのだけど、映画として展開するのは・・・・。

『Trouble(原題)』 →デッドリンガー
ブノワ・マジメルが一卵性双生児の一人二役に挑んだサスペンス。
双子のアイデンティティっておもしろいテーマかも。
サスペンスストーリーとしては・・・・。
d0029596_255256.jpg
ブノワをサスペンスの主人公に使うのは正しくないと思った。
突如現れた双子の兄に生活がかき乱されていくスリラーな物語の中では、ブノワは怯えた表情や驚きや怒りばかりを表しているんだもん。せっかくアップが多くてもそんな形相はどうも魅力的じゃないのだよね。
映画の後で、本物のブノワ☆スマイルを見て、こうじゃなきゃダメだって納得。
甘いマスクのブノワは優しい微笑みが一番なんだよなー。

というわけで、本日のMain は映画じゃなくてゲストですー。
何だかイマイチ盛り上がりにかけている気がしたこのフランス映画祭でしたが、さすがにブノワ・マジメルの登場となると、フラッシュがバシバシ光り続けて、お祭り的な高揚感が感じられましたね。

d0029596_212079.jpg
ブノワ・生ジメルー!感激です。はい、とってもステキでした。
黒のタキシードをルーズに着ての登場。(セレモニーの時はちゃんと着ていたのでしょう。)そこらのお兄ちゃんが同じ恰好したらちょっとカタギじゃない感じになりそうなものなんだけど、その崩し方もブノワなら様になっちゃうのです。フォーマルな衣装のポケットに手をつっこんで話す姿がまたステキ。それが何だか自然。質問に答えるだけじゃなく、積極的に熱心に饒舌に映画のことを語り、会場に笑いを提供するサービス精神にもあふれていました。
他の映画の時にはなかった写真撮影タイムがあったのも嬉しかった。
そして、しっかりサインと握手をしてもらいました。わーい。この笑顔を間近で見られるのはかなり幸せ♪ こんなに大勢の客にサインをしなくちゃいけないのに笑顔を絶やさないなんて。去り際も、手を振り続け、投げキッスまでしてくれてました。スターだなぁ。

そんなわけで、今年のフランス映画祭も終了しました。
素晴らしい映画と素敵なゲストに出逢えて満足です。
よい作品はじゃんじゃん一般公開してほしいですー。
[PR]
2006年 03月 18日 |
お台場の夜の回に行きました。夜のゆりかもめもステキかも。

More
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon