かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧
|
2006年 12月 31日 |
いまだかつてないほどに濃厚な映画漬けの1年でした。
映画祭や特集上映にもあれこれ出かけ、劇場鑑賞数は去年より大幅アップな最多記録更新。(でも、もちろん、ネタバレ映画館のkossyさんにはかないませーん)
映画祭等で観た旧作や一般公開未定作品は別枠にして、一般公開の新作で劇場鑑賞した外国映画百数十本から、恒例のお気に入りランキングをしまーす。

More
[PR]
2006年 12月 30日 |
まずは、じゃぱーん。
比率的には日本映画は少ないのだけど、昨年同様分けてみまーす。
でも、20数本劇場鑑賞したので、私としては史上最多かも。

More
[PR]
2006年 12月 29日 |
リンクレーター作品としては好み系じゃないけれど、おもしろいSF世界。

今からほんの7年先の近未来、ロサンジェルス郊外のオレンジ郡アナハイム。覆面麻薬捜査官のボブ・アークターは、ドラッグ“物質D”の供給源を突きとめようと、自ら“物質D”を服用し、常習者たちと自宅で共同生活をおくる“おとり捜査”を開始していた。

More
[PR]
2006年 12月 27日 |
タンゴのように美しく。大人の繊細な恋物語はフランス映画の真骨頂。

50歳過ぎの執行官のジャン=クロードは、タンゴ教室に通い始め、フランソワーズという女性に出逢う。

More
[PR]
2006年 12月 26日 |
フランス俳優のシブさにしびれつつも、つくり手の意図どおりに見られなかった・・・

シテ島オルフェーヴル河岸36番地にあるパリ警視庁。BRI(探索出動班)所属のレオ・ヴリンクス警視、BRB(強盗鎮圧班)所属のドニ・クラン警視という、次期長官候補の二人の警視がいた。

More
[PR]
2006年 12月 24日 |
Merry Christmas!
クリスマス映画といえば、やはりお子ちゃま向けテイストのものが多いですね。
でも、これは大人の女向け?のおフランス映画。

More
[PR]
2006年 12月 23日 |
年の瀬ー
さて、今週・来週以降公開まとめてのトーゼンミルミル印は、

More
[PR]
2006年 12月 22日 |
おとぎ世界とバレエはステキ。物語はノーテンキな方が好き。

踊る才能に恵まれながら、踊ることを禁じられた国の王女であったオーロラ姫。

More
[PR]
2006年 12月 20日 |
ベートーヴェンは不滅。公演シーンに感激。

1824年、ウィーン。第九の初演を4日後に控えたベートーヴェンのアトリエに、若き女性アンナがコピスト(写譜師)として訪れた。

More
[PR]
2006年 12月 18日 |
ノイジーだけど、ファンタスティックなベニーニ・マジック。

ローマに住む大学教授で詩人のアッティリオは、愛する女性ヴィットリアを救うため、イラク戦争直前のバグダッドへ赴く。

More
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon